2017年 04月 09日 ( 3 )

 

4月9日 親子って不思議だなって思う

昨日帰国する予定だった娘が、今日帰国することになり、関空へ。
飛行機のトラブルで、カナダで足止めだったらしい。
でも、ちゃっかりホテルに一泊、ディナー券もせしめたらしい。
a0023466_17101718.jpg
昨年の7月にカナダの大学院へと旅立っていったのだから、会うのは8か月ぶりとということになるのだけれど、
何だか、会えば昨日まで一緒にいたような気持になる。
親子って不思議だな・・・。
で、
「はい、お土産」
と言って差し出されたものを見て、
「ん?なに、これ?」
「えっ、集めてるんやろ?」
「えっ?」
「いやだから、レコード!」
「えっ、これレコードなの?」
「そうやで。キューバに行った時に買ってきた。有名な人らしいで。」
「あっ、それはそれは、ありがとう。でも、まだプレーヤーがないけどな…。」
どうやら、妻から、私がレコードを買っているという話を聞いたらしい。しかし、このボロボロ具合が何ともいいですねえ。レコードだと分からんでしょう。
a0023466_17164033.jpg
その後、せっかくだから花見でも行こうかということになり、親子三人+愛犬オーで、石清水八幡宮へ。
a0023466_17183107.jpg
a0023466_17185186.jpg
a0023466_17191076.jpg


[PR]

by sitoi | 2017-04-09 17:21 | Comments(0)  

4月8日 祇園で池田さんの料理を楽しむ会?

教室の整理を終えて、退勤。
今日は、「祇園で池田さんの料理を楽しむ会」に参加するため、祇園に向かう。
京都で、祇園といえば、舞妓さん、高級料亭というイメージ。いや、まさにその通りの場所です。
しかも、連絡を受けていた店の場所は、その祇園でもまさに一等地なのですから、驚きです。
半信半疑で、指定された場所へ。
雨とは言え、花見の人で賑わう祇園。
a0023466_09241151.jpg
この場所の向かいが、その場所。
a0023466_09244950.jpg
ちゃんと、池田さん手作りの暖簾もかかっていました。
いやあ、こんな家に住みたいと思わせる内装でした。
ここで、ワイン、日本酒などをいただながら4時間ほど食事しました。
旧知の方々との食事は、至福のひとときでした。
a0023466_09272522.jpg
ワイン、日本酒も池田さんセレクトのもの。
a0023466_09281188.jpg
a0023466_09282778.jpg
とりあえずは全てが美味。
これでもかというほどの量が並びました。
もう途中から食べるのに一生懸命で写真を撮るのを忘れておりました。

いやあ、楽しいひとときでした。
ありがとう、池田さん。


[PR]

by sitoi | 2017-04-09 09:30 | Comments(0)  

4月8日 6年生、最初の晴れ舞台

本日は、入学式。
今年度、私は生活指導と特活の長を担当することになりました。
本校では、入学式に各ハウス(縦割りグループで、6つのハウスがあります。)の6年生代表が参列し、ハウスバッジを贈呈することになっています。
今まで、本校で特活部長を担当したことはなかったので、こういう場面で6年生の指導を行うのは初めてでした。
6人の子どもたちと昨日の放課後、少しリハーサルを行い、今日は開始までの1時間ほどを共に過ごす。

学校のことで、いろいろ話ができ、とても有意義な時間だった。
この子たちと、新たな動きをつくっていく。
6人だけのことだが、今日が初舞台だった。
素晴らしい参列を見せてくれた6人には拍手を贈りたい。
こういう日を一年間積み上げていく。

片付けが終了した後、新しい教室で、学級通信第一号をサクッと書き上げる。
今回は、学級通信名を「阿吽」と決めたいきさつを紹介。
「大事なことほど小声でささやく」(森沢明夫著・幻冬舎)の中の文章を部分的に紹介しながら、私の思いを書く。
ほんのさわりだけを紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言いましたよ。阿吽の阿は、五十音のはじまりの『あ』で、吽は終わりの『ん』のことで、つまり阿吽はこの世のすべてを表す禅の言葉なんだって。転じて、この世のすべては、阿と吽のあいだの一瞬のいましか存在しなくて、あなたが生きられるのも、いまこの一瞬だけなのよって…」

あなたが生きられるのは、いまこの一瞬だけなのよ。過去と未来を思い煩っても、それは無駄なだけ。

やり直すことのできない過去を悲しんでいたら、せっかく生きている「いま」が不幸になっちゃうだけでしょ?それにね、まだ来てもいない未来を不安がっても仕方ないじゃない。大切な「いま」をつまらなくするだけだわ。

辛い過去になんてとらわれないで、未来の不安もぜーんぶ忘れて、いまこの瞬間だけをしっかり味わって生きなさい。それが、禅の「幸せに生きる極意」なのよ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最幸な一年間をつくりましょう・・・・という思いです。
そのためには、いまを大切に、なのです。

[PR]

by sitoi | 2017-04-09 09:18 | Comments(0)