2017年 02月 26日 ( 2 )

 

2月26日 上手い、下手ではなく・・・

午前中は原稿執筆に集中する予定だったのだが、家の下水の調子が悪くなり、その対応に追われる。
業者には連絡しない。基本は自分で直す、だ。
結局、昼前まで奮闘。
その後、風呂に入ってすっきり。

90分、集中して執筆。
その後、車に乗って、立命館朱雀キャンパスへ。
全校の子どもたちの作品を展示した作品展の最終日。
撤収のお手伝いをすることになっていたのですが、作品も見たかったので、集合時間より40分ほど早めに到着。
子どもたちの作品を見て回る。

本校では3年生から、違う種類の抹茶茶碗つくりに毎年取り組む。
今回も、3年生から6年生の全児童の抹茶t茶碗が並んでいた。
その数、およそ500個といったところ。壮観である。

私がいいなあと思ったのは、2年生の絵画。
動物園で見た動物の絵が貼られていた。
上手いとか下手とかそんなものを超越した作品がずらりと並ぶ。
何か、そう描きたいものを描きましたという思いが伝わってくる絵なのだ。
たとえば、「ゾウの足と鼻だけを描いた」絵があった。きっと、公立小学校の先生だったら描き直し、描き足しをさせるんじゃないかなと思う。でも、この足と鼻だけの絵が実にいい。

見ながら、自分の社会科の授業に置き換えていた。
テストができるとかできないじゃなくて、もう絶対に敵わないっていうくらいの突き抜けた授業ができないものか。
それだな、来年の授業の目標は・・・。

さて、もう少しだけ原稿と格闘して、明日の夕方にもう一度チェックして、サクッと送ってしまうことにしよう。


[PR]

by sitoi | 2017-02-26 21:29 | Comments(0)  

2月25日 うーん、書けないなあ

まあ、いつものことだけど、原稿が思うように書けない。
昨日は、気分を変えようと、夕方から近所のスタバへ。
a0023466_13202387.jpg
ipadにキーボードをつないで打ち込む。
うーん・・・。今回も自信ないなあ。
今、書いているのは「主体的・対話的な深い学び」を踏まえた社会科の教材研究について。
こんなのあんまり見ないもんなあ・・・。
でも、この「主体的・対話的な深い学び」って、私が目指してきた授業とぴったり重なるのに驚く。
こういうことを考えて、授業をずっとつくってきました。
だから、今さら・・・って感じです。
で、もっと言うと、こういう授業をみんなできるのかなあ。
私だってめざしているけど、道は限りなく遠しだもんなあ・・・。
なんてことを考えながら、貴重な土曜休業日が過ぎていくのでありました。



[PR]

by sitoi | 2017-02-26 13:26 | Comments(0)