12月8日 社会科副読本

今日も、国語辞典を使った別バージョンの指導を行う。
子ども達も、気に入ったようで楽しそうに取り組んでいる。

で、今日は、班ごとに、係仕事の準備の時間を1時間とった。
今回は、班ごとに係活動に取り組ませることにした。
明日は、「学習係」が、6時間目に授業をすることになっている。
また、金曜日には、「遊び係」が、ドッヂボール大会をするらしい。
張り切って、いろんな係が準備を進めている。

バタバタした二学期の中で、こういう時間もゆったりと取ってやることができなかった。
賞状を作ったり、メダルを作ったりしている子ども達の様子を眺めていると、こういう時間の必要性を改めて感じた。こういう活動が、「わたしたちのクラス」という実感を子ども達に抱かせるのではないだろうか。

午後は、宇治市の職員会館へ出張。
平成23年度に向けて、社会科副読本の改訂委員会が発足。今日が、その第一回目。
私は、社会科部を離れたのだが、「これだけは協力してほしい」と声をかけられ、これまでの経緯をあり、・・・委員となった。
今回は、かなり多くのデータや写真、あるいは内容を変更していくことになる。

今の社会科副読本を作ったのが、早いもので、もう10年前になるそうだ。
その時、私は、とりまとめをさせていただいた。

今回は、デジタル化も見据えた改訂を行っていくようだ。
私が、宇治市社会科部として仕事をするのは、もう、これで終わりにしようと思う。
まずは、頑張らねば・・・。

帰宅後、成績つけと所見。
少しゴールが見えてきた。
[PR]

by sitoi | 2009-12-12 08:23 | Comments(0)  

<< 12月9日 子どもとアーティス... 12月7日 ゲーム感覚で使う国語辞典 >>