8月11日 明日からの旅の準備

明日から、フィリピンへの旅。
今年で3度目。
一週間、フィリピンの語学学校に缶詰状態・・・。英語を学ぶ。
3度目だが、毎回、学校は異なる。

1度目は、パニック状態で、頭が痛くなった(笑い)。
吹っ切れたのは、4日目だったろうか・・・。
もう何でもいいから話そうと・・・。
終わってから分かった。そうか、この感覚を学ぶために来たのだと。

2度目は、年配の方もいらした上に、少人数の学校だったので、交流も少しできた。
夕方から毎日、高級ホテルでジャグジー、ビールと楽しい夜を過ごした。
また、朝夕、執筆活動の時間をとり、一週間で一冊分の原稿を書き上げることができた。

さて、3度目の今回はどうなるだろう。
今回は、妻が離島ボランティアのオプションを申し込んでくれている。
あと、大事な高級ホテルでの一日。
フィリピンの文化や教育問題について、少しでも先生と語り合えるといいな、と思う。

執筆については、先日、読了した有川浩さんの「倒れるときは前のめり」(角川書店)の中の言葉に感銘を受け、俄然、書く気になっている。どの言葉なのか、興味ある方はぜひお読みください。
とりあえずのプロットを今日、カフェで書き上げたところだ。
a0023466_08375493.png
私の必需品は、読書用の本4冊、iphone、ipad、一眼レフカメラ、・・・よし、準備完了です。

[PR]

by sitoi | 2017-08-12 08:42 | Comments(0)  

<< 8月12日 いざ、フィリピンへ 8月10日 一足早い墓参り:帰... >>