8月6日 「やっぱり演劇はいいよね」と妻と語り合う日

朝から四条烏丸へ。
今日は、京北キャンプに参加した子どもたちの演劇の発表本番の日。
午前中は最後の練習なので、私は妻を車から降ろした後、近辺散策。
まずは、以前から一度きちんと参拝しようと思っていた「錦天満宮」へ。
ここは、もちろん菅原道真を祀った神社なのだけれど、場所は、錦通りを突っ切って京極通りに交差した場所。
観光客で賑わう京極通りにあるのです。
a0023466_10355063.jpg
豊臣秀吉が寺を集めたことから名前がついた寺町通りを散策し、四条通りを歩いていると、いい香りが・・・。
御香がずらりと並ぶお店が新しくできていた。
早速、一つ購入。
a0023466_10403602.jpg
その後、烏丸通りまで戻ってきて、懐かしい京都芸術センターに立ち寄ってみる。
昔、数え切れないほど、ここにダンス公演を見に来たものだ。
昔の町衆の心意気で建った校舎は、まさに一級品だ。
a0023466_10433175.jpg
さて、午後からは、子どもたちの公演。
音響設備と照明が加わり、保護者のみなさんで会場は満席。
当然、一昨日の公演よりも数段素晴らしいものに。
「みんなで一つのものをつくる過程で、対話が生まれ、葛藤が生まれ、・・・達成感が生まれる」
昔、演劇に取り組んでいた時に、議員の方が参観に来られた。その時に、こんなことを言われた。
「ああ、先生、演劇って、平等なんですね。」
「?」
「あっ、たとえば、みんなでサッカーをすると、やっぱり上手い子にボールが集まって、下手な子は参加しにくいじゃないですか。なかなかボールが来ないというか・・・。でも、演劇を見ていると、どの子もその子なりの表現があって、輝いているじゃないですか。そういうのって、なかなかないなって思いました。」
「そうですねえ・・・。」
そう、平等、対等だからこそ、対話が生まれるのだと思う。

「やっぱり演劇はいいよね」・・・そんな会話をしながら妻と帰路に就いた。

[PR]

by sitoi | 2017-08-07 10:51 | Comments(0)  

<< 8月8日 やっぱり海はいい:帰... 8月4日 「教育×演劇」の可能性 >>