2月11日 楽しみながら車を整備する

ここ10年ほど、愛車はユーザー車検で通してきたのだが、今回はきちんと業者に頼むつもり。
ただディーラーの見積もりの30万円は馬鹿らしいので、楽しみながら整備する予定。
今日は第一弾のタイヤ交換。
純正のタイヤは、ドイツのコンチネンタルタイヤ。この交換費用が8万円ほど計上されていた。
フォルクスワーゲンのHPで確認すると、コンチネンタル以外にもミシュランなどいくつかのタイヤメーカーが純正扱いで紹介されていた。
迷った末、ダンロップ(ダンロップも純正扱い)のルマンを選択。安すぎるルマンは外国製のものも出回っているようなので、注意して国産のルマンを扱っている店を選択。

で、今日は、タイヤ交換のために芦屋までドライブ。
海沿いのきれいな店で、交換の間はイタリアンのお店で昼食。
a0023466_21491094.jpg
いやあ、美味しかった。
デザートも、美味しかった・・・。
a0023466_21492324.jpg
店に戻ると、作業は終了しており、・・・こんな感じの仕上がり。
a0023466_21493740.jpg
満足、満足。お値段は、ディーラーが提示した金額の半額以下です。
その後、京都市内までドライブ。
京都国立近代美術館へ。
「志村ふくみ~母衣への回帰~」を観る。
想像以上に素晴らしい作品だった。
来年度、本校児童が志村さんにWSをお世話になることになっている。
これは凄いことになりそうだ・・・。
a0023466_21495331.jpg

[PR]

by sitoi | 2016-02-11 22:08 | Comments(1)  

Commented by JUNICHI SASE at 2016-02-13 16:14 x
志村さんの文章は中学校国語の教材で教えたことがあります。桜の幹の皮で淡いピンクの色に染まるという内容、題名は忘れてしまいましたが印象に残っています。志村さんが学校に!楽しみですね。

<< 2月12日 美術館で教材研究 2月8日 いつだって地域と連携... >>