9月24日 日帰りで、帰省

今日は朝から帰省。
納戸の整理と墓掃除を手伝ってほしいと母から連絡があり、それならばと。
次々に出てくる古い食器などを捨てるもの、骨董屋に引き取ってもらうものに分けていく。
ほんの少しだけ、我が家に持ち帰ることに。

で、午後から墓参りと買い物に付き合って、無事、任務終了。
帰りに、せっかくだからと、妻と少し天の橋立を散策。
a0023466_22033690.jpg
a0023466_22035342.jpg
久しぶりに「知恵の餅」をいただく。
店では、260円で、知恵の餅3つとお茶をいただくことができる。
この食べ方が一番美味しい。
a0023466_22063752.jpg
さあ、今週末は、いよいよ運動会!

[PR]

# by sitoi | 2017-09-24 22:07 | Comments(0)  

9月23日 琵琶湖でカヌー

琵琶湖でカヌー。
早めに到着。
駅で足湯に浸かり、ガストでのんびり昼食。
で、12:30に到着。
a0023466_23325811.jpg
今日は何と「もう、自分たちだけでどうぞ」ということで、浮見堂までのんびり・・・。
a0023466_23342077.jpg
毎回、お世話になっているオーパルは本当に素敵な施設。
カヌーを終えて、1時間ほどはジャグジーでのんびり教育談義。
この施設、数年前に綾瀬はるかさんも来ていたようで、その時の映像がこちら。

今日は、「餃子の王将」で一献。
いやあ、食べた、食べた。

[PR]

# by sitoi | 2017-09-23 23:38 | Comments(0)  

9月22日 「明日の教室」DVDシリーズ

「明日の教室」DVDシリーズ、54枚まで発売になっています。
最新の2枚を紹介します。

ますは、8月31日に発売された「チャレンジし続ける学校の作り方」。
今、全国的に注目されている大阪府立箕面高校の校長先生、日野田直彦先生の講演記録。
この時は、箕面高校にお邪魔し、お話をうかがった。
日野田校長先生とは、校長に就任される前から「明日の教室」に参加していただいており、旧知の仲。
ラスト40分程度の鼎談もなかなか面白いものとなりました。
管理職をめざす教師、教育委員会の方などは必見でしょう。ここに、これからの学校がめざす姿があると思います。

もう一枚は、つい最近、発売になった「これからの道徳教育のゆくえ」。
教科化に戸惑う現場にとって、必見の一枚。
立命館大学大学院教職研究科准教授、荒木寿友先生による講演。
荒木先生が、今年出された「ゼロから学べる道徳科授業づくり」(明治図書)も分かりやすくまとめられた好著だが、この講演も分かりやすいものとなっています。
この講演も最後は40分程度の鼎談。刺激的な内容となりました。

これまでのDVDの一覧は、こちらのサイトで見ることができます。




[PR]

# by sitoi | 2017-09-23 08:16 | Comments(0)  

9月22日 怒涛の一週間が終了

21:30、帰宅。
この年になって、こんな仕事をしていちゃいけないなあと思う。
仕事に追われ続けた一週間となった。

まあ、そんな中、授業公開も終えた。
今回の授業の主要発問は「天下をとった徳川家康にアドバイスするならどんな言葉をおくりますか?」とした。
一人で考え、ノートに箇条書きさせた後、ペアでシェア。
そして、班ごとにアドバイスを絞り込む。
「このアドバイスは絶対というものを2つ。これは、他の班は考えていないだろうというもの1つに絞り込みなさい。」
その後、意見を発表させながら、子どもたちとやりとりしていく。たとえば、
「まず、後継ぎをしっかり決めた方がいい」
『なぜ、そう考えたのですか?』
「それは、豊臣秀吉はきちんと後継ぎをしないままに死んでしまったから、息子に継がせることができなかったから。」
「あっ、ぼくは壬申の乱のことを思い出しました。」
「あーっ!」
「私は、応仁の乱。」
「あーっ!」
『応仁の乱のことを説明してください』
といった感じ。
今、石川一郎さんの本で話題になっている「ザビエルがキリスト教を広めるために・・・」という発問から刺激を受けて考えてみた発問だ。
これを2時間かけて子どもたちとやりとりし、その後、家康がとった実際の政策を見ていく。

今週は不安だった国際平和ミュージアムへ寄稿する報告書も一応仕上げることができた。
4500字程度打ち込んだので、誤字脱字をチェックして、来週の月曜日に送付できる状態になっている。
よく書けたなあ・・・。

さて、今日は天気は今一つなのだけど、午後から琵琶湖でカヌー。
「明日の教室」のメンバーと年に一度の恒例の会。
まあ、ゆるりと楽しみましょう。

[PR]

# by sitoi | 2017-09-23 07:56 | Comments(0)  

9月18日 人生フルーツ

快晴の中、目覚める。
ご飯を炊き、味噌汁を作り終え、ジョギングへ。
ひと汗かいて、朝風呂。極楽、極楽・・・。
朝ご飯を食べ、珈琲を入れ、読書。

昼前から、妻と四条へ。
四条烏丸に上質の映画を上映する「京都シネマ」という映画館がある。
そこで上映されている「人生フルーツ」という映画を見る。
87歳に妻と90歳の夫という夫妻の穏やかな日々を綴ったドキュメンタリー映画。
満員御礼で立ち見アリ・・・。

映画を見た後、近くのスタバで感想を言い合ったり、ちょっと授業のことを考えてみたり・・・。
この映画を見たことで、道徳の授業が鮮明になり、あっという間に授業の骨格ができる。
a0023466_20235711.jpg
さて、明日からまた怒涛の日々が始まる。

[PR]

# by sitoi | 2017-09-18 20:24 | Comments(0)  

9月17日 台風が近づく中、墓参りへ

朝、起きてすぐに珈琲を入れる。これが休日のささやかな楽しみの一つ。
午前中、妻は華の稽古へ。
私は、廊下に置かれたロッキングチェアに座って読書。
昼前にゆったり昼食をつくる。
ご飯を炊いて、味噌汁をつくり、ピーマン、玉葱と一緒に肉を炒める。
台風が近づいているので、映画でもと思うが、これといった映画はなし。

で、墓参りに行くことに。
曇天の中、京都市内に車を走らせる。
雨に降られずに墓掃除を終え、青蓮院前のカフェでくつろぐ。
a0023466_20543920.jpg
抹茶をいただきながら読書。
a0023466_20553689.jpg
ぼんやりしていると、明後日の社会科の授業プランを思いつく。
一晩寝かせて、明日、整理してみよう。これは、結構、面白いと思う。

晩御飯は「敬老の日」ということで、プレゼントを買い、義父母を誘って一緒に。
a0023466_21003889.jpg


[PR]

# by sitoi | 2017-09-17 21:00 | Comments(0)  

9月16日 授業を公開するということ

今日は、立命館中高の文化祭。
6年生の子どもたちと一緒に見学させていただく。
素晴らしいなあと思う。
あと半年で、この子たちも、この素晴らしい輪の中に加わることができる。
昼前には解散。
昼食は、ちょっと気になっていた駅前の居酒屋の昼定食をいただく。
海鮮丼に味噌汁がついて780円は安い。なかなか美味しかったです。
a0023466_08421204.jpg
今週もいろいろあった一週間でした。
帰宅すると、もうグッタリで、パソコンを開く余裕もない日々。何とかしないとね。

ところで、授業を公開し続けることになりそうだ。
立命館教職大学院の院生が来られていて、その方に授業を見ていただいている。
週明けの火曜日は、校内の社会科部の先生方に授業を見ていただく。
10月は、立命科(道徳)の授業を校内の先生方に見ていただく。
さらに、今週、立命館教職大学院の先生が来校され、11月に授業を院生対象に見せてほしい。授業後、授業解説と新しい学習指導要領についての話をしてほしいとの依頼あり。

今週、立命科(道徳)の事後研があり、立命館教職大学院の荒木寿友先生のミニレッスンがあった。その中で、「学級経営の大切さ」に触れられていた。当たり前のことなのだが、この言葉の意味は大きい。
「本当の自分の心の奥深いもの」をどこまで出せるかは、その集団の質によるのだと思っている。
つまり、授業を公開するということは、その部分をも見ていただくことだと思っている。

毎日、いろんなことが起こる。
その一つ一つに、どう対応するかが担任にとって一番大切な力なのだろう。
つまり、担任に求められているのは「対応力」といってもいいのかもしれない。
あっ、これって、授業も同じかもしれない。

土曜の午後は、台風が近づいているので、家で昼間からワインを飲みながらゴロゴロ・・・。
こういう午後もいいなあ。



[PR]

# by sitoi | 2017-09-17 09:02 | Comments(0)  

9月10日 滋賀でランチ

午前中は掃除に専念する。
車も洗って、ドライブ。
妻には「また行くの」と言われながら、1時間のドライブ。
a0023466_21454739.jpg
ここがお気に入りの店。
店内は、こんな感じ。
a0023466_21463148.jpg
素晴らしい機器でジャズを静かに聴かせてくれる。
この店の近くで、米を買う。
農家のおばさんから買う米を買うようになってから、馬鹿らしくてスーパーで米は買えない。
京都大原までドライブして、道の駅で休憩。
a0023466_21500152.jpg
秋桜・・・もう、秋だ。
で、京都の北山のこだわりのカフェへ。
a0023466_21511640.jpg
珍しく、紅茶をいただく。
・・・・美味しい。
a0023466_21520995.jpg


[PR]

# by sitoi | 2017-09-10 21:53 | Comments(0)  

9月8日 授業をつくる楽しさ

教師になって、35年。
この年になっても教材研究に明け暮れている。

数年前まで、あの岩下修先生と同じ職場で仕事をさせていただけた。
教師になって間もない頃、岩下先生の本を何度も読ませていただいた。
名著「AさせたいならBと言え」(岩下修著・明治図書)です。

その先生の仕事ぶりを間近で見せていただけたのです。
当時、岩下先生は新幹線を使って名古屋から通勤されていました。
新幹線を使えば、名古屋と京都は40分程度なのです。
学校だけでなく、この新幹線往復80分を教材研究の時間に充てられていたのです。
そのびっしり書かれた教材研究ノートも何度も見せていただきました。

あの岩下先生が、未だにこれほどの時間をかけて教材研究をし、授業に臨んでおられるというのは、衝撃でした。
たぶん、何もしなくても授業はできるお方です。
常々、岩下先生は「発見がなければ授業じゃない」と言っておられました。
その言葉通り、ご自身も「糸井さん、すごい発見をしたんです」と言って、教材研究で発見したことを話してくださったりしたことも、良い思い出です。

今、岩下先生は、名古屋の小学校で教鞭をとられていますが、きっと、今でも念入りに教材研究をしながら授業に臨んでいらっしゃるのでしょう。

本校に勤務するようになって、私は社会科の授業に専念できるようになりました。
ですから、45分の授業の準備に平均して、2時間程度の時間を使うようにしています。
公立小学校時代から数えれば、もう何度も授業してきた歴史の授業ですが、毎回、発見があります。

今年も授業は遅れているのですが、今週は、子どもたちにこんな質問をしてみました。
「あなたがフランシスコザビエルだったら、キリスト教を広めるために何をしますか。その理由も書きなさい。」
はい、そうです。
石川一郎先生の著書「2020年からの教師問題」に書かれていた問題です。
この春から、この時代になったとき、この問いに対して、ディスカッションできる子どもたち(そのための授業の積み重ね)を一つの目標としてきました。
面白い授業になりました・・・。

今週は、少しずつ教育誌の原稿を書きました。
私にしては珍しく、締め切り10日前の今日、とりあえず書きあがりました。
月曜日まで寝かして、再読、修正して送る予定です。

今日からは頼まれていた立命館国際平和ミュージアムへの寄稿に取り組みます。
これはなかなか筆が進まないと思いますが・・・。


[PR]

# by sitoi | 2017-09-09 09:05 | Comments(0)  

9月3日 まずは一区切り

二学期が始まってすぐにAPU(立命館アジア太平洋大学)から35名の学生を迎えて全校で取り組むワールドウィーク開催。おまけに最終日の金曜日は、参観日。バタバタ・・・でした。
で、土曜日は入試準備で、日曜日は入試本番。
滞りなく入試業務を終え、帰宅すると16:30。
よく頑張りました。

で、一区切りということで、18:30、琵琶湖に向けてドライブ。
月曜日が休業日なので、琵琶湖ホテルを予約。
日曜日なので、朝食付きで驚くほど安い。
19:30にはチェックインを済ませる。
何と、部屋をグレードアップしていただけた。
a0023466_21274196.jpg
窓からは一面の琵琶湖。
夕食はついていないので、ホテルの外の店で食べようと思っていたのですが、意外にリーズナブルな値段だったので、ホテルでいただくことに。・・・・美味しい。
このホテルは大浴場(温泉)があるので、ゆったりと温泉に浸かり、ダラダラと過ごす。
「ロマンシエ」(原田マハ著・小学館)を読破。
何だか、有川浩の本を読んでいるような感覚の一冊。
a0023466_21393055.jpg
翌朝は、妻を起こさないようにこっそりと、ジョギングへ。
湖岸添いを40分ほど走り、朝風呂に浸かる。
で、妻を起こして、窓を開ける。
a0023466_21325712.jpg
a0023466_21331714.jpg
a0023466_21333887.jpg
遅めの朝食をゆったりいただいて、チェックアウト。
午後は、自宅近くの映画館で「関ケ原」を観る。
よーし、明日からまた頑張ろう。


[PR]

# by sitoi | 2017-09-04 21:39 | Comments(0)